臨床検査
 
当検査室には臨床検査技師3名(1名は臨床工学技士免許も取得)が在籍しております。
当院で行っている検査について、ご紹介いたします。
 
臨床研究に関するお知らせ
 
検体検査
 

院内では、下記項目を至急で行うことができます。
・脱水や水中毒などを調べる検査:ナトリウム・カリウム・クロール
・貧血や白血球数を調べる検査:白血球数・赤血球数・ヘモグロビン・血小板数・白血球分類
・炎症の程度を調べる検査・糖尿病を調べる検査:CRP、HbA1c
これらの検査項目は30分以内に結果報告できる体制が整っております。
機器のメンテナンスは臨床工学技士の資格を持った臨床検査技師が担当し、
日常点検・内部精度管理・試薬管理を行っております。

 
 
         
脱水や水中毒などを調べる
検査機器
電解質測定装置
(常光EX-Zs)
  貧血や、白血球数を調べる
検査機器
自動血球分析装置
(シスメックス XS-500i)
  炎症の程度や、糖尿病を調べる検査機器
CRP・HbA1c測定装置
 (日本光電 CHM-4100)
         
 
生理検査
 
心電図検査、脳波検査をおこなっており、日本神経生理学会認定技術師(脳波分野1名、筋電図・神経伝導分野1名)を中心にし、質の高い検査データを提供できるよう努めております。
 

当院の検査実績を下記に示します。

年度 脳波件数
2015 256
2016 266
2017 329

 

○脳波検査
<脳波検査でわかること>
失神やけいれんの原因、頭部外傷の影響、意識の状態などを調べます。
 
<何を測定しているか>
脳細胞は常に活動し、微弱な電気を発生させています。
この電気の流れを頭皮上から記録したものが脳波です。
患者様に電気が流れる検査ではありませんのでご安心下さい。
 
<検査方法>
耳・額・頭・眼の側などにたくさんの電極をノリのようなクリームで貼り付けます。
ベッドに横になって頂き、静かに眼を閉じている時の脳波と深呼吸や強い光を当てたときの脳波を記録します。
疑われている病気によっては、眠気がある時や、寝ている状態の脳波記録が必要な場合もあります。
 
<検査時間>
所要時間は1時間程です。この間お手洗には行けません。
 
<ご協力頂くこと>
○検査前日には洗髪し、洗髪後に整髪料はつけないようお願いします。
○トイレは検査前に済ませて下さい。
○検査終了後、クリームを拭き取りますがクリームが残ることがありますので
 入浴の際に洗髪をお願いします。
○検査後は髪が乱れたり、お化粧がとれたりしますのでご了承ください。
○検査前に絶食の必要はありません。


脳波計
日本光電Neurofax1200
 
 
画像検査
 

■高速マルチスライスCTでより安全な精密検査が受けられます

当院のCT装置で最高水準の精密検査を受けていただけます

当院では高性能の最新型16列マルチスライスCT装置を導入しました。
この装置では、患者様が寝台に横になるだけで、苦痛なく頭部や胸部、腹部等の断層像(輪切り画像)を鮮明に描出できます。検査は非常に簡単で、短時間ながら広範囲の撮影が行え、頭部外傷・脳出血・脳梗塞等の頭部疾患から胸部疾患、及び腹部疾患(肝・胆・膵・腎・膀胱等)に至るまで、全身の診断に活かすことができます。
  キヤノンメディカルシステムズ製
マルチスライスCTスキャナ
 
最新の被ばく低減機能 『AIDR3D Enhanced』が搭載しています。
従来のCT装置と比較しても、30%程度被ばく線量の低減可能であることが実証されており、患者様への負担は、こうしたところからも最小限に抑えるような配慮がなされた装置です。
※詳細は、本院の医師、放射線技師にお問い合わせ下さい。
 
脳梗塞 膝蓋骨骨折 腹部
 
 

 
 

■千葉病院では検査時間が短く、
 高性能な最新の1.5テスラMRI装置を導入しました

これまでより検査時間が短く、より鮮明な画像が撮像できる高性能なMRI装置です。
頭部領域の小さな疾患や認知症、整形外科領域など全身各部位の診断に役立ちます。
検査音も静かになり、患者様はリラックスしながら安心して受けられます。
また、MRI装置は放射線を使わないため安全面にも配慮された装置です。
  超伝導磁石式全身用MRI装置
GEヘルスケア製SIGNA Creator
 
検査について
MRI検査はベッドに寝ているだけで体の向きをかえることなく、様々な断面の撮像が可能です。 
造影剤なしでも血管撮像が可能です。(検査内容によっては造影剤を使用することがあります)
 
頭部高分解能撮像 頭部撮像 頭頚部血管撮像 頭部血管撮像 顔面神経画像
 
MRI検査について不明な点や不安なことがありましたら、お気軽に当院医師または技師にお尋ね下さい。